自己承認とは何か?自己承認ができると生きやすくなる理由

自己承認とは何か?自己承認ができると生きやすくなる理由 前向きな人生にする方法
自己承認とは、自分で自分を肯定し、受け止めること。自己承認ができると、精神的に自立することができ、生きやすくなります。今回は、自己承認が大切な理由と、その方法をご紹介します。

「どこにいても自分は何かその場に合っていない気がする」

「できるなら周りを気にせず自分らしく生きていきたい」

なんとなく生きづらさを感じていたり、自分らしく生きたいのであれば、自己承認が必要不可欠。

自分を自分で承認し、力強く前へ前へと進んでいきましょう。

自己承認とは

自己承認とは

自己承認とは、自分で自分を認めることです

「ありのままで大丈夫」「自分はやり遂げることができる」と自分を肯定することです。

それは、成功した自分を認めるだけではありません。

例えば

・あなたがやると決めたことが失敗に終わったとしても、やると決めたことに挑戦した自分を認める
・選ばれると信じていたことに選ばれなかったとしても、自分の存在価値を認める

ということも含まれます。

つまり、ありのままのあなた自身を認め(承認)、どのような状況であれ「自分は価値のある人間なのだ」と思えることです。

自己承認ができることが大切な理由

自己承認ができることが大切な理由

誰かから承認を受けるわけではなく、自分で自分を承認することが、大切な理由は、自己承認が持つ効果によって生きやすくなるからです。

その効果とは、

一つ目は、自信を持てること。
二つ目は、チャレンジできるようになること。

正しく自己承認をしてそれらの効果を発揮できれば、他人を必要せずともずっと生きやすくなるのです。

①自信がつく

自信がつく

自己承認ができることによって、自信がつく。

これは、自己承認が「自分の行動の結果」によってなされるという面を持っているからです。

例えば、その場に自分一人しかいなくても、自分が正しいと思う行動をとったとします。

すると、自分自身を認めることができるようになります。

この場合、「人として当たり前のことをしただけだ」と思う人も、「自分は偉いな」と思う人もいるでしょう。

どう感じたとしても、誰も見ていないところで正しい行動ができた自分を、自分自身で認めることができているはず。

そして、「自分が実際にした行動」という動かぬ証拠が、自信へと変わっていきます。

たとえ根拠のない自信を持つのは難しい人でも、根拠があれば、自信を持つことができますよね。

また、得たものが小さな自信だったとしても、積み重ねれば大きな自信へと変わっていくのです。

このように、人の目があるかないかに関わらず、良いと思うことを実際に行動できることが、自己承認につながり、自信に変わるのです。

自分に嘘をつくと、自己承認による自信は得られない

自分に嘘をつくと、自己承認による自信は得られない

注意したいことは、ただ「自分は価値がある」と思っているだけで、行動が伴っていなければ自信は生まれないということ。

例えば、自分には価値があるからといって、嘘をついて人を騙したり、人が見ていないところでポイ捨てをしたり、道徳心に欠ける行動をするのはいけないこと。これは誰もがわかることですよね。

こういった「正しくない行動」を「自分の行動は正しい」と認めようとしても、結局自分に嘘はつけません。

内心ではいけないことだとわかっているから、心から自分のことを認めることができず、当然自信も生まれないのです。

自己承認ができることで自信がつくのは、根拠として自分の正しい行動があるから。

自分に嘘はつけないことを肝に銘じて、自分を誇れる行動をしましょう。

②チャレンジできるようになる

チャレンジできるようになる

自己承認を正しくできると、たくさんチャレンジできるようになります。

また、一度失敗したことでも、リベンジできるようになるのです。

それは、周りの評価が気にならなくなったり、自分の頑張りを認めることができるから。

自己承認ができる人とできない人の違いは、チャレンジできるかできないかの違いにもなるのです。

自己承認ができない場合

自己承認ができない場合

自分が良いことだと思ってしたことが、実際は的外れだった。そういうことは誰にでもよくあることです。

その時あなたは落ち込んだり、自分を責めたりしてきたことでしょう。

頑張って挑戦したにもかかわらず自分を責めるということは、頑張った自分を認めていません。

こうなると、もう一度挑戦してみようとは思いませんし、頑張る気持ちもなくなりますよね。

自由にやりたかったことを自分自身でストップをかけ、リベンジすることすらできなくなってしまうのです。

さらに、自分が良しと思うことに自信を持てずに周りの目を気にしだしたら、それこそ自分らしく生きられなくなってしまいます。

自己承認ができる場合

自己承認ができる場合

反対に自己承認がちゃんとできていた場合。

あなたが自分自身を認め、「思うような結果はでなかったけれど、自分はよくやった。これで良かった」と思えば、落ち込むことなく、「次に失敗しないようにもう一度やってみよう!」と前向きになれるのです。

さらに自己承認ができることによって「自分は正しい」と確信できるので、周りの目は気にならなくなります。

自己承認ができるということは、自分の可能性を潰すことなく、自由に自分でやりたいことを良しと思いやっていけるのです。

生きていく上では、どうしても他の人の反応や先のことを考えて周りに合わせてしまいがちになりますよね。

しかし、自己承認をすることで他人の目よりも自分自身を信じるようになれるのです。

自己承認ができるようになるための方法

自己承認ができるようになるための方法

どんな状況においても自己を尊重し受け入れる。

一見シンプルで簡単そうですが、自己承認ができる人は意外に少ないもの。

それは、「失敗する」、そして「落ち込む」という過程は無意識のうちに行われるからです。

失敗したら落ち込んで自分を責めるのは、自分がしたことを受け入れず、自分を否定することにつながります。

しかし、今あなたが「自分を認められない」「こんな自分には無理だ」と思っていても大丈夫です。

なぜなら、自分を責めたり、自分を認められない人こそ、自分のことが大切だからです。

自分を認められないと嘆くことは、「大事な自分を守りたい」と感じている証拠。

これはごく自然なことであり、そして素晴らしいことなのです。

①自分をたくさん褒める

自分を自分の子供だと思う

自己承認ができるようになるには、自分の存在そのものを認めるようになることが重要です。

まずは、自分の存在を認める訓練から始めましょう。

人は褒めてもらえると、嬉しいだけでなく、自信がついたり、意欲が湧いたり、自分を認めることができるようになります。

不思議なことにそれだけで、自分承認ができるようになるのです。

自分を褒めるには?自分を自分の子供だと思う

親は子供が大切ですよね。

そして無条件でその存在を認めてくれます。

ここで今、自分自身を自分の子供だと思って、その親の気分になってみてください。

あなたが良いことをしたら、「よくやったね」と言ってあげる。

そしてあなたが失敗したら、「頑張って挑戦したあなたは素晴らしい」と何度も言ってあげるのです。

自分にとって自分という存在は唯一の理解者。

良いところも悪いところもひっくるめて、たくさん可愛がって褒めてください。

②自分は価値のある存在だと思う

自分は価値のある存在だと思う

自己承認をするために必要なことは、自分の存在がどれだけ大切かに気づくことです。

あなたという存在について考えてみてください。

あなたは何万人の中の一人ではなく、何万人もいる中のたった一人の存在なのです。

あなたが世界に一つの価値ある存在であると言うことは、あなたがすること、考えることは価値あるもの。

それを常に忘れないでいましょう。

「あなたはわたしたちにとって価値のある子供」だと言われて育った子供は、堂々と自信をもって生きていく大人になるそうです。

これは、「価値がある」と言われたことで魔法がかかったわけではありません。

自分には価値があると認められたので自信がついたのです。

ですから毎日のように「自分には価値がある」と自分自身に言い聞かせてください。

少しづつ自信がつき、あなたの振る舞いも、考え方も堂々としたものに変わっていきます。

こうやって少しずつ訓練するだけで自己承認ができるようになってきます。

あなた自身を認めて、価値のある存在だと胸を張って信じてみましょう。

最後に:自分らしく生きよう!

最後に:自分らしく生きよう

温室の花はお行儀よくきれいに並んで色も穏やかに、見ているわたし達の心を癒してくれます。

しかし同種類の花はどの花も同じように見えるはずです。

野生の花はそれぞれが好きなところ、好きな大きさで自由に咲き、力強さと美しさで人々に感動を与えてくれます。

同種類の花のはずなのに、どれも生き生きとして個性を感じます。

守られて周りに合わせてばかりでは、花も花らしく自由に咲くことができません。
自分らしく生きるには野生で自由に咲く花のように生きる。

たとえそれが周りと違う咲きかたでも、あなたがあなた自身を信じていれば、野生の花のように誰かに感動を与えることができるのです。

野生の花は雨にも嵐にも負けず、気温の変化にも耐えられます。

反対に温室の花は野生に植え替えるとたちまち萎れて死んでしまいます。

自分らしく生きるということは、強くなるということです。

困難にぶつかり、迷ったり辛い思いをすることもあるでしょう。

でも、自己承認さえできたなら、怖いものなどありません。

あなたという素晴らしい存在が、あなた自身を心の底から信じ、認めているのですから。

今すぐに強くなろうとする必要はありません。

あなたが自己承認を意識し始めた時点で少しずつ自分を確立していけばいいのです。

もしあなたが「周りと違う」「生きづらい」と感じたていたら、あなたは野生で自分らしく咲く花で周りは温室の花だと思ったら、あなたはあなた自身を簡単に受け入れられることでしょう。

同じような花でいなくていいのです。見た目や周りを気にせず自分らしく生きて、世界に一つしかない花になりましょう。