あなたを傷つける「攻撃する人」の心理や特徴、関わり方まで解説!

あなたを傷つける攻撃する人の特徴 前向きな人生にする方法
「自分にだけ厳しい、、」「会社に入って理不尽に怒られることはないだろうか、、」これから社会人になる人や、現在、攻撃されていて困っている人に向けて、攻撃的な人とどう接していくべきかをご紹介します。

家族や恋人、仲の良い友人以外の周りの人の中に、あなたやあなた以外の特定の誰かの言動に対して、やたらとつっかかってくる人はいないでしょうか。

もしくは、あなたが働く職場の中に、自分よりも年下のスタッフに対してだけ、やたらと注意をして威張り散らしている人はいませんか?

このような他人に対して攻撃する人は、どこにいっても必ず存在します。

今回は、攻撃する人の心理や特徴を解説し、職場などで関わらなければいけない場合の接し方をご紹介します。

攻撃的な人の特徴

攻撃的な人の特徴

それでは、攻撃的な人は

「どんな時に」
「どんな人に」
「どんな攻撃を」

してくるのでしょうか。ここからは、シチュエーション、ターゲット、アタックの種類を順次紹介していきます。

シチュエーション

どんなときに攻撃される可能性があるのかを知っておけば、攻撃されそうになったときに対処できるようになります。

まずは、代表的な2つのシチュエーションをみていきましょう。

攻撃する人が自分の感情を制御できないとき

攻撃する人が自分の感情を制御できないとき

最も代表的なのは、感情の制御ができず、何かに怒っているとき。

攻撃する人の性格は、感情の起伏が激しく、上がったり下がったりと自分でコントロールできません。また、そもそもコントロールしようとさえ考えていない場合もあります。

攻撃する人は、自分が感情に流され感情が言動に影響し、周りにどれだけ迷惑をかけているか自覚していません。

攻撃してくる人の機嫌が悪そうであれば、しばらくの時間、同じ空間にいないよう、あなたが別室にいくことが一番適した行動といえるでしょう。

妬まれたとき

妬まれたとき

攻撃する人の多くは、自分以外の誰かが注目されたり、人から支持を得ていると嫉妬します。

もちろん、どんな人でも妬むことはありますが、攻撃する理由にはなりませんよね。

しかし、攻撃する性質をもっている人にとっては、大きな理由となるのです。

例えば、あなたが学校の先生だったとします。

あなたは、生徒から絶大な信頼を得ており、生徒はあなたを見かける度に声をかけてきます。

あなたは、声をかけられた以上、無視することはできませんので、手を振ったり、話しかけられた内容に応じます。

攻撃する人は、自分が同じように生徒から声をかけられることがなかったとき、あなたに嫉妬し攻撃してくる可能性があります。

このように、あなたに全く落ち度がなくても攻撃される場合があるので、できれば妬まれるようなシーンを見られないように注意しましょう。

ターゲット

続いては、どんな人が攻撃の対象になりやすいのかをご紹介します。

しかし、ターゲットに関しては、事実としてどうしようもない場合がありますので、対処法に関しては、後述いたします。

新入社員や年下相手

新入社員や年下相手

攻撃する人は、誰かを非難したり、自分の知識をひけらかすことで、満足感を得ようとします。

そんな人からすれば、何もわからない新入社員や年下の人は格好の餌食。

また、攻撃する人は、反撃されることは望んでおらず、これまでも反撃された経験が少ないため、反撃してこない人を攻撃対象とすることが多いのです。

しかもやっかいなことに、あなたが何も悪いことをしていなくても、攻撃してくる場合があります。

嫌いな相手

嫌いな相手

人の好き嫌いは、誰にでもあります。

きちんとした理由がなくても、人は人を嫌いますし、好きにもなります。

そんな中、攻撃する人は、嫌いな相手に責めるポイントが見つかれば、ここぞとばかりに責めてきます。

もし、あなたが自分で「嫌われているな」と感じているのであれば、責めるポイントを作らないよう、日々意識して行動するしかありません。

アタックの種類

最後は、一体どんな攻撃をしてくるのか。攻撃の種類をご紹介いたします。

ストレートにぶつける

ストレートにぶつける

最も多い攻撃方法は、ストレートにぶつかってくる場合。

ストレートにぶつかってくる分、何に怒っているのか、何を言いたいのかがわかりやすいのですが、感情を伴ってぶつかってきた場合、あなたがどう反論しても話が収まることはないでしょう。

次から次へ問題をすり替え、あなたが謝るまで攻撃し続けてくるかもしれません。

仮に、反撃した結果、相手が攻撃をやめたとしても、それは攻撃を諦めたわけではなく、「方法を変えてくるというサインだ」と認識してください。

本人がいない場所で陰口を言いふらす

本人がいない場所で陰口を言いふらす

これも、ストレートに次いで多い攻撃方法。

攻撃対象には良い顔をしておきながら、いなくなったときに不満を爆発させ、周囲の人に陰口を言いふらします。

言いふらすだけで満足する場合もあれば、周囲の人から同調を得て、対象の評価を下げることを目的とする場合もしばしば。

いずれにしろ、対象がいないときに話をするので、悪質な攻撃方法であると言えます。

上司に告げ口をおこない、上司に注意させる

上司に告げ口をおこない、上司に注意させる

攻撃する人には、ずる賢い人が多くいます。

対象が100%悪くないことはわかっていて、でもどうにかして対象に言わないと、自分の感情が満足できない。

その場合、上司などの第三者に注意させようと考え、上司が注意しないといけない状況を作り、上手に上司に吹き込みます。

上司から注意された場合、反論しにくいとわかった上で行っているため、注意された側は謝るしかなくなるでしょう。

なぜ攻撃的な態度になるの?その心理と原因

人が攻撃的になってしまうのには、大きくわけて2つの理由が存在します。

ここでは、攻撃する側の心の状態を解説いたします。

自信がなく、自分を守るため

自信がなく自分を守るため

自分に自信がない場合、自分の立場を守るために自分の地位を脅かしそうな相手に対して、強烈な敵意をもちます。

そして、この敵意が引き金となり、様々な攻撃を仕掛けようと思わせてしまうのです。

感情としては、『嫉妬、妬み、嫌悪』が代表的。

もし、あなたが攻撃の対象となっているのであれば、相手にないものを持っているか、嫌われているからのどちらかが理由でしょう。

嫉妬や妬み、嫌悪を抱かせないようにするには、攻撃する人と仲良くなるしか抑える術はありません。

本当に仲良くなる必要はないので、相手が喜ぶように普段から相手を適度に褒め続けるか、自分は攻撃する人の味方だと思ってもらえるように振る舞うしかないでしょう。

自信とプライドが高すぎるため

自信とプライドが高すぎるため

プライドが高い人は、自分の考えや言動は間違っておらず、自分は常に正しいと考えています。

だからこそ、自分の進め方や対応の仕方と少しでも相違があれば、攻撃対象となります。

この場合の攻撃は、頭ごなしにぶつかってくることが多いため、攻撃対象者にとっては理不尽な行動としか映りません。

また周囲の人から見ても、この場合は理不尽な攻撃としか思われないでしょう。

攻撃的な人との関わり方

1人きりで生きていかず、何らかのコミュニティに所属するのであれば、どこかのタイミングで必ず攻撃的な人に出くわすでしょう。

そして、その可能性は、社会に出れば、一気に高くなるのです。

最後に、攻撃的な人との関わり方を紹介します。

対象をあなたの世界からシャットアウトする

対象をあなたの世界からシャットアウトする

一番の理想の行動と言えますが、職場が同じ場合に関しては、現実的に行うことは難しい対応方法です。

なぜなら、仕事を進める上ではチームで動くことも多くあり、本人同士だけの問題ではないからです。

プライベートにしろ、仕事にしろ、攻撃対象側だけがシャットアウトしてしまうと、必ず問題になってしまうでしょう。

しかし、「私はあなたのことが嫌いです」と伝わるような対応をすることで、相手にあなたの意思を伝えることができれば、相手から避け始めてくれることもあります。

感情を排し、割り切って接する

感情を排し、割り切って接する

人に対しての根本な考え方を改めて、あなたにとって大切でない人には、何も求めず期待しないようにすることで、無感情になります。

無感情になることができれば、何を言っていても「こういう人もいるんだな」と聞き流すことができます。

仮に、あなたが攻撃された場合でも、はじめから相手に何も期待していなければ、「また、何か言っているわ」と他人事のように右から左へ聞き流すことができるでしょう。

職場においては、多種多様な考え方をもった人がいます。

攻撃してくる人がいるならば、「仕事だけの付き合いだ」と割り切リましょう。

意識的に避け、相手との接する機会を極端に減らす

意識的に避け、相手との接する機会を極端に減らす

最も楽な方法として、接する機会を意図的に減らす方法があります。

具体的には、同じ空間にいないよう行動したり、仕事であれば、出勤日や出勤時間をずらすなどの方法があります。

また、直接話さなくても良い内容であれば、メールやメモで済ますなど、少しの意識で接する機会は減らすことができるのです。